實相寺について

実相寺 外観

名称
陽明山實相寺
(ようめいざん じっそうじ)
宗派
臨済宗妙心寺派
(りんざいしゅう みょうしんじは)
本尊
聖観世音菩薩 (しょうかんぜおんぼさつ)
開山
少林宗訣禅師(しょうりんそうけつぜんじ)
中興開基
髙松藩初代藩主 松平頼重公
塔所
讃岐藩四代藩主 生駒高俊公正室 秋月院殿香林淸感禅定尼
菩提所
十河城主 十河存保公
概要
實相寺は達磨大師を初祖とする禅宗の一派で、京都・花園の妙心寺を大本山とする臨済宗妙心寺派に属する禅寺です。ご本尊は聖観世音菩薩をお祀りしています。
創建は不明で、かつては天台宗で香川郡浅野村にありましたが、16世紀後半の天正年間に戦火にて焼失。その後、17世紀前半の寛永年間に讃岐十八万石四代藩主、生駒高俊公によって高松三番丁に移転再興され、浄土宗に改宗、寺号を法昌寺と改めたようです。
寛永十五年(1638)八月四日、高俊公のご正室、秋月院殿(一説には小百合姫)が亡くなると法昌寺に葬り塔所としましたが、寛永十七年(1640)七月の「生駒騒動」により生駒家が出羽国矢嶋庄に移されたため法昌寺は一時衰退します。
寛永十九年(1642)五月に高松十二万石藩主として、松平頼重公が常陸国下館藩五万石より入封され、正保元年(1644)四月に老中土井利勝の娘、万姫をご正室に迎えられましたが、偶然にも万姫は秋月院殿の妹でありました。頼重公は法昌寺を修復し、水戸香林寺の住職であった少林宗訣禅師を迎えようとしますが、当時少林禅師は妙心寺塔頭長興院に住していたため、高松には来られないまま遷化されます。
萬治二年(1659)九月、法昌寺は頼重公より改めて寺領七十石を賜り、臨済宗妙心寺派に改宗し、義命により少林禅師の法嗣、南渓素信禅師を迎えました。
延宝三年(1675)十一月、山号寺号を廣福山實相寺と再び改めます。
延享元年(1744)三代頼豊公は、實相寺を三番丁から天神前(現在の英明高校の場所)のお下屋敷東南部に移されます。お下屋敷は頼重公が元禄八年(1695)四月十二日にお亡くなりになるまで十七年間住まわれた隠棲の地で、当時の實相寺書院は頼重公ご逝去の場所であると伝えられています。
大正四年(1915)十一月、三番丁にあった十河存保公の菩提所、陽明山東光寺と合併。山号を廣福山から陽明山に改め、再び三番丁に移転します。
昭和二十年(1945)七月四日、高松空襲により伽藍の一切を焼失しましたが、直ちに復興する資金もなく、昭和二十九年(1954)桜町に仮移転します。
その後、東光寺開基十河家の末裔である三木氏のご支援を契機として、当山十九世桃嶺和尚が實相寺復興に奔走、昭和五十三(1978)年十一月、三谷町に伽藍を復興整備しました。
平成二十年(2008)十一月、二十世閑岳文匡和尚が住職に就任、實相寺にとっては創建以来始めての世襲住職が誕生し、現在は壇信徒のみならず、広く社会に貢献できるお寺をめざして活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>